外壁赤外線調査とは?

青から紫の低温部分は、雨水の停滞が確認出来ます
青から紫の低温部分は、雨水の停滞が確認出来ます

建物が日射や気温の変動等を受けると、その外壁断面形状と材料の比熱や熱伝導率等の違いにより表面温度に差が生じます。

赤外線診断は外壁タイルやモルタル仕上げ等の浮き部分と健全部の熱伝導性の相違によって生じる表面の温度差を赤外線サーモグラフィ装置によって測定し、得られた表面温度分布から外壁の異常、タイルの浮きや雨水の進入経路を検出します。

赤外線診断のメリット

問題を画像で
見える化


外壁等の測定対象物の面の温度分布を測定し、画像で見える化できる。

離れた場所からでも
診断可能


非接触で測定できるので、測定対象物から離れた場所からでも診断できる。

広範囲での
診断が可能


離れた場所から測定できるので、広範囲で診断することもできる。

従来より
低コスト


従来の打診診断と比較し、足場等を組むことなくできるので費用的な負担が少ない。 (足場、人件費の差から 約1/4~1/3の費用)

当社の高精度赤外線診断の強み

当社の赤外線外壁診断では、タイル・煉瓦などの浮き、セメント・モルタルの剥がれ(爆裂)、コンクリートジャンカ部位、及び、雨漏り・漏水等の把握が可能です。

鮮明に一枚一枚のタイルの状況の把握が可能なため、剥離したタイル、煉瓦等の積算数量内訳やCAD出力も可能です。

従来困難であった日陰や、曲面、光沢壁材などの撮影も当社の技術では殆どが対応可能です。

施工管理者(現場監督)経験により、各種建築技術を熟知しております。

雨漏り、タイル剥離、セメント剥離 他 各種修繕指導、当社施工も可能ですのでご相談ください。

ポイント

当社の赤外線サーモグラフィック診断では、外壁調査、雨水の停滞部の調査を同時に行えます。 外壁調査と、雨漏り診断時には撮影部位、撮影方法が異なる場合も有りますので、事前にご意向をお知らせください。

他社様へ依頼検討中のお客様には、事前に診断実績、外壁状況、雨水の侵入の確認が同時に出来るか、必ず確認された後の契約をお勧め致します。
※過去に、未熟な診断、外壁の調査のみや、雨漏りの指摘のみのため、結果的に当社で再調査を行ったケースも有ります。