外壁診断の流れ

1 ご相談・お見積り

2 赤外線カメラ撮影(現地)

3 分析(2週間〜)

4 診断結果報告

何も行わない

5 当社責任施工

5 他社施工(施工指導)

6 施工後赤外線検査(無料)

6 施工後赤外線検査(有料)

1.ご相談・お見積り

電話、FAX、メールにて無料相談、お見積致します。
事前に、図面の準備、メール等で状況の写真をいただければより正確な情報提供が可能です。

2.赤外線カメラ撮影(現地)

電話や必要な場合には現地視察後、撮影日を決めます。
雨天、悪天候時には撮影が出来ませんので、予備日が必要です。
一般的には、数時間での屋外撮影が基本に成ります。
状況の説明なども行えますので、出来るだけ撮影時にお立ち会い頂く事をお勧め致します。

3.分析(2週間〜)

約2週間~4週間程度要しますが、大きな物件などは、それ以上の日程が必要です。

4.診断結果報告

診断とは、検査と分析の結果を基に、現在の状態と対応策をご依頼さまにお伝えする事です。
私たちは、長年の施工管理実務経験(木造、鉄筋ともに)と、そして研究により、外壁に対する多くの対応方法を知るに至りました。
この診断時には、当社での修繕見積りが解りますので、その後の対応については、施主様が決定される事に成ります。

レポート例


赤外線サーモグラフィ撮影を基に、考査レポートを作成し依頼主様に提出致します。

対応策


当社責任施工に関しては、赤外線診断結果を基に対応策を検討し、現場と連動し修繕を行います。

赤外線画像例


当写真では、赤い部分がタイルの浮き、青い部分が漏水部分を示します。

5.当社責任施工

  • 外壁の劣化、浮いたタイル、煉瓦等への修復方法についてご依頼主様に、
    ご説明の上責任をもって、ご対応致します。
  • この様な修復においても、修復工法により、結果費用に大きな差を生じます。
    はがさずに行う注入工法、、外壁タイル剥落防止補修工法なども有ります。
  • また、外壁調査では、雨漏りなどの水路が一緒に見つかる場合が有ります。
    そのような場合には、ご指摘をさせていただき一緒に修繕を行うか否かをご検討いただきます。
  • 当社責任施工では、工事終了後必要な場合は、無料にて赤外線検査を行い確認致します。

防水処理方法

  • SGルーフィング シリコーンを用いた防水工法は、開発者延正行氏指導のもと、当社が行う独自工法です。
    本法を用いた場合、有利と思われる場合は、従来工法と本方法を比較しご説明いたします。

5.他社施工・施工指導

他社様での施工も可能です。
(他社様で修繕工事を行う場合、施工指導や、修繕後の赤外線診断は、別途費用が発生します。)

何も行わない

赤外線診断の結果、著しい老朽化等で修繕が行えない。
もしくは、施主様のご判断で対応を行わない場合。